• HOME
  • 注目記事
  • 自然に人が集まる!レク活動参加率UPのポイント<第1回>

注目記事

自然に人が集まる!レク活動参加率UPのポイント<第1回>

2022.12.07

集団レクの参加率が悪い・・・
参加する人が定番化している・・・
そもそも参加できる人がいない・・・

誰もが楽しく参加できる「鉄板ネタ」があったらいいのに!!

なんて思ったこと、ありませんか?

自然と人が集まるレク活動には、実はレク担当者の意識とテクニックにありました。
レク活動の参加率に悩んでいる方、ぜひ参考にしてみてくださいね!

<第1回>見るべきポイントは「集団」ではなく「個人」!

ひとことで参加率UPのコツをお伝えするならば・・・

集団を見るのではなく個人を見る!

レク活動中に集団(全体)で観察してしまうと、どうしても「できないこと」や「できない人」に注目してしまいます。
その結果「全員ができるように簡単にしよう」と、基準をできない人に合わせたことはありませんか?

これでは、せっかくのレクの楽しさが半減してしまいます・・・

一方、個人を重視して見ると、その人のできることが見えるようになってきます。
「これはできるんだ!楽しんでいらっしゃるかも!」
「こんなことご存じなんだ!」
と、できることを見つけ声をかけることで、参加者の自信や楽しさにつなげるようにしましょう。

1人、また1人と楽しそうな人が増えていけば、その雰囲気を見て自然と人が集まってくるようになります♪

参加者全員が楽しめるレクネタなんてありません。

急がば回れ。

レクネタに頼るのではなく、集団レクの実施中に参加者1人ひとりをしっかり観察し、その人の反応を見逃さないようにすることが参加率UPの秘訣です。

次回以降では、具体的に意識する4つのポイントをお伝えします。ぜひチェックしてみてください。

ページTOPへ